おねだり作戦-その1-

最初から読む

010おねだり作戦ーその1ー

るるの性格、こんな話もあります↓

ドイツ生まれのシュナウザーはアメリカでネズミ狩りや牧羊犬として多く飼育されていたそうです。うちのるるも狩猟本能が残っているの...

うちのるるは、おねだりをするときに無言でトントンとたたき、その場で正座(お座り)をします。そしてジ―――ッと見つめて「ちょうだい、ちょうだい・・・」と念を送ってきます^^;

飼い主に無言のプレッシャーを与える心理作戦、たぶん一番成功率が高くてこの方法に落ち着いたんだと思います(考えすぎかな・・・)。

シュナウザーの特徴として図鑑に書かれていた『頑固なところもあり、賢く、好奇心旺盛』を象徴するようなこのおねだり作戦。

頑固なところ→飼い主が食べ終わるか、るるが睡魔に勝てなくなるまで、お座りとトントンがずっと繰り返されます。

賢い→飼い主の一番弱いところを突く作戦です。飼い主としては、わんわん吠えられたりしたらしつけをしなければと思いますが、この作戦に出られたときには、ただただ無言のプレッシャーに耐えるしかありません。もはや自分との戦いです。

好奇心旺盛→何がもらえるかはわからないけど、とりあえずおねだりしてみているようです。るるが嫌いなモノを食べているときでもなぜか粘り強くおねだりします。単に食いしん坊なのかもしれないですが。

あの上目遣いのキラキラした純粋な目でジ―――ッと見つめられたらもう・・・わたしには勝ち目がありません。

そのせいで、いつの頃からか飼い主が何か食べ始めると熟睡しているとき以外は必ず飛んできてこのおねだり作戦に出るようになりました。

もちろんるるにとって食べたら良くないモノはあげませんが、おねだりがはじまったら、るる用のおやつをわざわざ取りに行ったりします。

おねだりされても、今まで一度も食べ物をあげていなかったら、そのうちあきらめて辞めていたかもしれないですね。でも、おねだりする姿がまた、たまらなくかわいいんです^^

010おねだり

ちょうだいったらちょうだい